お問合せフォームご予約フォーム

インプラント|IMPLANT

一人ひとりに最良のインプラント治療を
不安や痛みを最小限におさえる個室のオペ室(TENEO) 正確で安全なCAD/CAM(CEREC OMNICAM) 最新鋭のインプラントプランニングソフト(GALAXIS) 施術の精度を高めるサージカルガイド(SICAT) 最新機器による歯科用CT(GALILEOS) クリーンエリアシステムとオペ用のライト
クリニック外観
マップ
診療時間表
【午前】9:00〜13:00
【午後】14:30〜19:00

休診日:水・日・祝日(最新の休診日はインフォメーションにてお知らせいたします。)
クレジットカード・デンタルローンがご利用いただけます

 

当クリニックのインプラント診療の特徴

歯科用CT

安全性と正確性が求められるインプラント治療のために。

特に安全性と正確性が求められるインプラント治療 にはCTによる三次元診断は必須であり、いまや世界の常識となっています。
歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩です。

またインプラントの手術後の経過を診ていくうえでもCT撮影は重要です。
当院では市原市で最初に歯科用CTを導入し、インプラントの治療に取り組んでおります。

詳しくはこちら

CTイメージ

CEREC Omnicam

SIRONA社製だからこそできるプランニングを。

CERECイメージ

インプラントのプランニングをする際 最新の CEREC Omnicamであらかじめインプラント予定部位の歯を作りそのデータをCTの画像に 取り込むことができます。そうするとCTの画像に最終的な歯のイメージが表示されるためさらにインプラントのプランニングが 的確に行えます。CTもCERECも同じSIRONA社製だからこそできるプランニングです。
CERECイメージ

 

GALAXIS

さまざまなパターンのプランニングを可能にしたインプラント用ソフト。

当院の歯科用に搭載されているインプラントのプランニングソフトです。国内外の多数のインプラントメーカーのデータが入っているのでいろいろなパターンのプランニングが可能です。CEREC Omnicamのデータをもとに最適なインプラントのプランニングを行えます。

sicat

ドイツで作製する、インプラントの手術のための装置。

プランニング通りにインプラントの手術を行うためにはサージカルガイドが必要です。サージカルガイドとはインプラントの手術を行う際に使用する装置の一つです。インプラントの手術は、顎骨に埋入を行いますが、その際、正確かつ安全に埋入を行うための医療器具が「サージカルガイド」で、「サージカルガイド」を使用する事で、インプラント治療の最も大きなリスクであるドリリングの不具合が最小限に抑えられます。

サージカルガイドにも様々な種類がございます。一般的なサージカルガイドはお口の模型のみで作製しています。 しかし、インプラントを埋入するのは模型ではわからない顎の骨です。インプラントを埋める場所(骨)の状態を考慮したサージカルガイドでなければ、「ガイド」の意味がないことは容易に想像がつくことでしょう。そこで、当院ではプランニングデータ、患者様の模型、スキャンステントという装置を空輸で医療先進国ドイツのSICAT社に送って、サージカルガイドを作製しております。

SICATイメージ

もちろん、患者様のお口の中はみなさん異なりますので、ただ注文して終わりという訳ではではありません。より確実なサージカルガイド、より良いサージカルガイド作製のため何度かドイツとのやり取りを経てから完成させます。やり取りの中でこちらからの注文、ドイツからのよりよい方法の提案などの意見交換も行います。つまり世界規模の人間の目・知識を経て安全・確実なサージカルガイドが作製されるということです。

インプラントセンター

手術は清潔な環境で行うことが重要です。

インプラント手術は外科治療ですので清潔な環境で行わなくてはいけません。術中の環境によって術後の経過が変わるといっても過言ではありません。当院ではインプラントの手術は併設してる完全個室のインプラントセンターで行っております。 術中の視野を確保するための天井埋め込み式のオペ用ライト、室内全体を無菌にするクリーンエリアプラスを設置し チェアはSIRONA社製のインプラント治療専用のTENEOを導入しております。清潔かつ安全、そして快適にインプラント治療を行っております。


詳しくはこちら

 

インプラントセンターイメージ

 

 

↑PAGETOP