お問合せフォームご予約フォーム
一人ひとりに最良のインプラント治療を
不安や痛みを最小限におさえる個室のオペ室(TENEO) 正確で安全なCAD/CAM(CEREC AC) 最新鋭のインプラントプランニングソフト(GALAXIS) 施術の精度を高めるサージカルガイド(SICAT) 最新機器による歯科用CT(GALILEOS) クリーンエリアシステムとオペ用のライト
クリニック外観
マップ
診療時間表
【午前】9:00〜13:00
【午後】14:30〜19:00

休診日:水・日・祝日(最新の休診日はインフォメーションにてお知らせいたします。)
クレジットカード・デンタルローンがご利用いただけます

 

インプラントリカバリー

 

 

快適に噛めるために、楽しく笑えるために

インプラントリカバリーとは

失った歯を補う治療として従来から知られている「入れ歯」や「ブリッジ」に加え、現在では「インプラント」を選ぶ患者さまが増えています。しかし、インプラントは手術をともなう治療であり、患者さまの増加にともなって大なり小なりのトラブルが増えていることも事実です。
当院ではインプラント治療をはじめているものの不安を感じている患者さま、治療後の痛みや見た目の問題でお悩みの患者さまなど、インプラントによるトラブルを抱えている皆さまに、安心していただけるような情報提供や説明を行っています。
インプラントは患者さまが正しい認識をもっていなければ、術後のトラブルが起こりやすいものです。当院では、インプラントを末永く快適に使用していただけるよう、術後のメインテナンスに重点を置き、万全のサポート体制で患者さまのお口の健康をお守りしています。

インプラントリカバリーの症例

BEFORE
AFTER
70代 女性 初診時 他院で入れたインプラント部分の歯が欠けてしまい、物がよく噛めないし、舌や頬の内側をよく噛んでしまうと来院。 当院での治療を切望し、治療を行うことになりました。噛み合わせの状態が悪かったため、全顎的に治療を行いました。
BEFORE
AFTER
上の歯です。右上の奥歯は歯がかけてしまっています。左上はインプラントが入っていましたが、かぶせている歯がかけてしまっていてインプラントが見えている状態でした。奥の歯が低くなっていることで上の前歯は根の先に病巣ができていたため抜歯し、インプラントを行いました。
BEFORE
AFTER
下の歯です。インプラントの入っている奥歯がかけてしまってインプラントの一部が見えていました。ここで、舌や頬の内側をよく噛んでしまうと、口の中が傷だらけでした。抜歯をしなくてはいけない歯もあり、抜いた部分は新たにインプラントを入れました。
↑PAGETOP